徹底解明!ハミングウォーター

ウォーターサーバーで一人暮らしの質を上げる

執筆者プロフィール

はじめての育児をスタートさせたばかりのライターの「なぎさ」。家のインテリアは夫のこだわりに従って、余計なものは買わないようにいつも注意している。「時短」や「手抜き」という言葉が大好き。赤ちゃん中心の生活にも少し慣れてきたところ。

一人暮らしにウォーターサーバーを使うのは贅沢すぎる!?

ウォーターサーバーは人数が多いファミリー向きだとお思いではありませんか?一人暮らしでウォーターサーバーを取り入れるのは、なんだかハードルが高そうですが、ハミングウォーターですと一人暮らしの方にメリットがたくさんあることをお伝えしていきたいと思います。

ウォーターサーバーはテレワークの強い味方

自宅でコーヒーやお茶を飲む回数が増えた今、一人暮らしでもウォーターサーバーを使いはじめている人が増えています。オフィスではウォーターサーバーがあって、ちょっとした休憩に利用している人が、「リモートワーク中でも、質の良い水を飲みたい!」と考えて設置されているのだと思います。ちょっとしたことですが、おいしい一杯のコーヒーやお茶が仕事の質を上げることに一役買うこともあると思いますし、気分も良いものです。また、お湯を沸かす手間もかからず、飲みたい時にお湯がすぐに使えるのも、仕事のペースが乱されない利点です。

ハミングウォーターが一人暮らしでもぴったりの理由

いろいろなウォーターサーバーがある中で、ハミングウォーターは一人暮らしの方にもおすすめできる理由を挙げていきたいと思います。

●水ボトルがない
よくある水ボトルのセットが必要なボトル型ウォーターサーバーですと、ストック用のボトルを保管しておく必要があります。一人暮らしの家で大きなボトルをストックしておく場所を確保するのは難しく、ボトルにスペースを取られるのはもったいないと思います。
ハミングウォーターは水道水を注ぐ浄水型ウォーターサーバーなので、水ボトルはありませんので、ウォーターサーバーの設置以外にスペースは必要なく、お部屋はすっきり。

また、ボトル型ウォーターサーバーですと、月1回、水ボトルが宅配されるので、引き取りのために自宅にいる必要があります。「不在にしていたら宅配ボックスに入れてあって、自宅まで運ぶのに一苦労した」という話も聞いたことがあります。これは、男性でも大変ですし、女性なら運ぶのは難しいと思います。ハミングウォーターは4ヶ月に一度、交換用フィルターが2本届くだけなので、毎月水ボトルの配達のことを考えて自宅にいる必要もありませんし、交換用フィルターが宅配ボックスに入っていても、軽々とお部屋まで持って帰れます。

●毎月定額
ボトル型ウォーターサーバーですと、水ボトル代とウォーターサーバーレンタル代が毎月かかってしまうので、家計の負担は大きくなります。また、「毎月12Lの水ボトルを最低2本から」など、月々の購入本数にルールがあるメーカーがほとんどです。一人暮らしですと、大量の水を毎月使うのはむずかしく、どんどん水を余らせてしまい、大きな水ボトルに部屋を占領されてしまって、すぐにやめてしまった…という方も多いようです。
しかし、ハミングウォーターは水ボトルの購入がなく、交換カートリッジが配達される月も金額が変わることのない「毎月定額制」です。わかりやすく経済的なので一人暮らしの方も安心してご利用いただけます。

●コンパクトなウォーターサーバー
一人暮らしですと、大きなウォーターサーバーを設置するスペースに困る方が多いと思います。
一見、水道直結型ウォーターサーバーが小さいからいいかも!?と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、ここは注意が必要です。水道直結型ですとキッチンの水道近くに設置しなくてはいけません。一人暮らしのキッチンの多くはコンパクトなサイズがほとんど。そこにさらに、水道直結型ウォーターサーバーを設置するのは難しいと思われます。
一人暮らしの家には、家具と家具のすき間に置ける大きさのウォーターサーバーが理想的です。
ハミングウォーターは、幅26cmと省スペース設計。ボックスティッシュ約1個分の幅とほぼ同じです。これなら狭いお部屋でも置けますし、デザインもシンプルなのでお部屋の雰囲気を邪魔することはありません。

一人暮らしにフィットするウォーターサーバーを選ぼう

冒頭で申しましたとおり、一人暮らしでもウォーターサーバーを自宅で使い始めている人は増えています。
毎月の金額やサイズ、システムなど、いろいろなメーカーのウォーターサーバーがありますが、今回取り上げたような内容を考慮しつつ、一人暮らしのライフスタイルに合ったウォーターサーバーを選んで、おいしい水との生活を楽しんでください。

閉じる