徹底解明!ハミングウォーター

ハミングウォーターのフィルターがさらにパワーアップ!

執筆者プロフィール

はじめての育児をスタートさせたばかりのライターの「なぎさ」。家のインテリアは夫のこだわりに従って、余計なものは買わないようにいつも注意している。「時短」や「手抜き」という言葉が大好き。赤ちゃん中心の生活にも少し慣れてきたところ。

より安全なお水のために

ハミングウォーターが新しくなったことをもうご存知の方もいらっしゃると思いますが、今回は新たに除去できるようになった物質のことなどを取り上げていこうと思います。

浄水器はたくさんの製品があり、どれにすれば良いか、何を基準にすれば良いか困っていらっしゃいませんか?
そこで、比較の対象として、除去対象物質(項目)をご覧になられたことはありますでしょうか?
除去対象物質とは「水道水に含まれるどの種類の物質を除去できるのか」を示したもので、日本産業規格「家庭用浄水器試験方法(JIS S 3201)」の中で17物質が規定されています。

そのうち下記の6物質が今回ハミングウォーターで新たに除去できるようになった物質です。追加で除去できるようになった物質について、それぞれどのようなものかご説明させていただきます。

●溶解性鉛
古くから使用されている水道用鉛管から溶け出す場合があります。体内に入ると排出が難しい成分と言われています。しかし、近年樹脂製配管への取替が進んでおり、特に古い建物などで無い限りは、必要以上に心配しなくても良いと言われています。流行のリノベーション物件などにお住まいでしたら、除去できると安心かもしれません。

●シス-1,2-ジクロロエチレン及びトランス-1,2-ジクロロエチレン
プラスチックの原料として使われている有機化学物質です。地下水で多くの検出事例があります。川などでは、すぐ蒸発してしまうためほとんど汚染されていません。発がん性を認める試験報告はありませんが、高濃度で摂取するとめまいや嘔吐などを生じる恐れがあります。水道水の水質基準値は、発がん性を考慮して設定されている物質です。

●ベンゼン
合成ゴムや合成繊維の原料として使われている有機化学物質です。また、ガソリンの燃焼でも発生します。ベンゼンは発がん性があります。こちらも水道水の水質基準値は、発がん性を考慮して設定されています。

●陰イオン界面活性剤
合成洗剤の主要な成分で、水道水にある程度含まれると使用時に泡が発生するようになります。水道水の水質基準値は、泡が発生しない量として設定されています。

●フェノール類
消毒剤や防腐剤、合成樹脂原料として使われています。多量に摂取すると消化器系粘膜の炎症、嘔吐などが生ずる恐れがあります。塩素と反応するとクロロフェノールが生成し強い刺激臭がします。水質基準値は、塩素と反応してにおいが発生しない量として設定されています。

●ジェオスミン
カビ臭物質のひとつです。水質基準値は、一般の人がカビ臭を感じない量として設定されています。

また、上記除去対象物質に加え、浄水器協会自主規格基準  JW PAS Bに定める物質を含む以下3物質も新たに除去できるようになりました。
下記が今回追加で除去できるようになった物質です。

●鉄
人間にとって必須な元素で、成人で約4.5gを体内に保有しており、1日必要摂取量は約10mgです。水道水に多量に含まれると茶褐色になります。水道水中の鉄は、多くが金属製給水管の錆によるもので、しばらく使わなかった場合、お水が茶褐色に濁ったりすることがあります。水質基準値は、水道水が茶褐色にならない量として設定されています。

●水銀
自然水中では水銀鉱床等の地帯を流れる河川に由来するほか、工場排水、農薬、下水などから水道水に混入することがあります。有機水銀と無機水銀があり、有機水銀のほうが毒性が強く、人体に蓄積し、中枢神経への強い刺激を与え、過去には水俣病の原因となりました。

●カドミウム
極微量ですが自然界に広く分布しているほか、鉱山排水や工場排水から混入することがあります。摂取を継続すると体内に蓄積し、腎機能障害や骨障害を引き起こす場合があります。過去にはイタイイタイ病の原因になりました。

ハミングウォーターは2段階式浄水フィルターで、これらの水道水に含まれる不純物を除去できるウォーターサーバーです。
浄水器だったら、どれも同じ!と言うことではなく、製品ごとに除去対象物質が異なりますので、チェックされても良いかと思います。

ろ過できる水量もアップ!

ハミングウォーターの従来のろ過水量は1,200L。これでも十分な量だとは思いますが、さらにろ過できる水量がアップしました。1,800Lもの量をろ過できますので、使用量をまったく気にすることはありません。

フィルター交換もますます楽に!

今までは4ヶ月に一度、フィルターの交換をお願いしていましたが、6ヶ月に一度の交換で済むようになりました。交換作業自体、そんなに手間なことではありませんでしたが、手間が減るのはうれしいことです。もちろん、交換時期にフィルターが届くので、交換時期を気にすることはありません。

ほかの商品と比較しても、ハミングウォーターの良さがおわかりいただけるかと思います。ぜひ、安心と安全、そして使い勝手も良くなったハミングウォーターをご家庭でお使いください。

閉じる